2015年03月20日

ハワイ島で見たい世界三大パワスポのひとつ「マウナ・ラニ」

こんにちは

Siimo です。


パワースポット好きです。

ハワイに世界三大パワースポットがあるなんて。
早速、行かなければ!

マウナラニ.jpg

パワースポットは今やその土地を知る上で
欠かせない観光地ですが、

“世界三大”に数えられるパワースポットの1つが
ハワイ島にあるのをご存知でしょうか?


「世界三大パワースポット」として知られる、
アメリカのセドナ、
フランスのルルドと並ぶ
ハワイ島のパワースポットが、
ハワイ語で“天国に手が届く丘”という
意味をもつマウナ・ラニ


コハラコーストの
「マウナ・ラニ・ベイ・ホテル」敷地内に
ある珍しいパワースポットで、

特に強烈なパワーをもつと言われるのが、
ヤシの木に守られるようにひっそりと佇む
フィッシュポンド

フィッシュポンド.jpgフィッシュポンド

マウナ・ラニがあるのは、
ハワイ島を形成するマウナケアやマウナロア、
そしてマウイ島のハレアカラなどの
山々のパワーが集まる中心地点であり、
マナ(神秘の力)が最も強く感じられるのだそう。


近くには祭壇もあり、古くからのハワイのパワーを
感じられる場所でもあります。


近くにはラバチューブ、
別名“オーラの写る洞窟”があり、
洞窟の奥にぽっかり開いた穴の下で写真を撮ると、
自分のオーラが写るのだそうです。

ラバチューブ.jpgラバチューブ

また、ここのプアコ・ペトログリフ遺跡保護地区は
何世紀も前にハワイの先住民が残した
ハワイ最大級の彫刻遺跡がそのまま残されています


はるか昔のハワイ先住民の歴史に思いを馳せながら、
当時の面影が残る大自然の中をゆったり散策していると、
普段の疲れやストレスも忘れて
すっかりリフレッシュできそうです。


行きたくなりませんか。
是非、行って、
パワーを充電してきてください。

Siimo でした。



posted by siimo at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

”南太平洋の楽園”フィジーは2月がベスト!!

こんにちは

Siimo です。

毎日、寒い日が続きますね。

こんな時、南の楽園が恋しくなりません?

フィジーなんて最高ですよね。

ハワイもいいですが、ゆっくりしたいなら

フィジーですね。


今日は、そんな楽園フィジーを紹介します。


なんでも2月のフィジーが最高らしいす。



”南太平洋の楽園”フィジーは2月がベスト!!

フィジー.jpg

日本から飛行機で約15時間。


古くから欧米セレブに愛されるフィジーは、
現地人の陽気で明るい人柄の良さから、
一度訪れると忘れられない“フィジーマジック”に
かかってしまうと言われるほど、
リピーターの多い一大リゾートだ。


330の島からなるフィジー諸島で
最も大きなビチレブ島は、
フィジーを訪れたら誰もが訪れる玄関口。


今回は2月がベストシーズンの
ビチレブ島の魅力を紹介していく。

フィジー3.jpg

◆2月がベストシーズンのリゾート・ビチレブ島

平均気温28度と、温暖な気候のビチレブ島での
目玉といえば、やはり南国らしさ満点のビーチ。


最も人気のナタドラビーチは青い空と
芝生のあるビーチで、リラックスした時間の
流れを感じられるセレブ御用達ビーチのひとつだ。


また南半球一巨大な大型ジェットボートでの
高速クルージングや、ビーチベッド付き水上バーで
お酒片手に海の景色を楽しんだり、
ウォーターパーク「ビッグブラ」で
ウォータースライダーを体験出来たりと、
季節を問わずいつでも水着で楽しめるため
リゾート好きにはピッタリの島だ。


◆ビチレブ島の観光スポット

世界的なリゾートホテルが建ち並ぶ
島西部のナンディという町で、
非日常的な時間を堪能したいところ。


ナンディ観光の際は南半球最大の
ヒンドゥー教寺院とされる
「スリ・ジヴァ・スブラマニア・スワミ寺院」を
一度は観ておきたい。


また島南東部の首都スヴァでは
ショッピングモールでローカルな
フィジー料理に挑戦したり、
「スル」と呼ばれるパレオを手に入れてみては。


おみやげを探すなら香りが良いと
評判のフィジー産コーヒーや、
フィジー産のオーガニックチョコレートがおすすめだ。


その他にも、ビビッドな色合いの
南国の鳥や動物を鑑賞出来るクラ・エコ・パークや、
ナブア川でのイカダ下り、そして滝壺での水遊びに
伝統芸能メケショー鑑賞など、
フィジーの文化をとことん堪能出来る
大自然の観光スポットもビチレブ島ならでは。


フィジー・ビチレブ島なら、
ただ癒されるだけの南国リゾートに
飽きてしまったリゾート上級者でも
きっと楽しい旅の思い出を作れそうだ。

フィジー2.jpg

Siimo でした。



posted by siimo at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

宝石のように輝く港町『トロギール』

こんにちは

Siimo です。

死ぬまでにいてみたい絶景シリーズです。

絶景というか、ジブリの映画に出てきそうな

素敵なヨーロッパの田舎町です。

「トロギール」てご存知ですか。

トロギール1.jpg

アドリア海に面した宝石のように輝く港町『トロギール』

クロアチアの古都「トロギール」。

城壁に囲まれたその港街は、
青い海のパノラマと赤い屋根が連なる街並との
コントラストが美しい。

今回は、世界遺産の街「トロギール」についてご紹介いたします。

クロアチア第2の都市スプリットから西へ27km。

クロアチア本土からたった一本の橋で繋がれた
小さな島にある港街「トロギール(trogir)」。


アドリア海に面したその街は、城壁に囲まれており、
石畳の古い街並みを今に残しています。

古代ギリシアまで遡る歴史を持つこの街は、
1997年にユネスコ世界遺産に登録されました。

トロギール2.jpg

また、教会入り口に施された彫刻は、
ダルマチア地方を代表する彫刻家ラドヴァンによる傑作。
その精巧な作りに立ち止まってじっくり見入ってしまうほど。

ライオンに乗ったアダムとイブの像が印象的です。
トロギール3.jpg

アドリア海を臨む美しい港街「トロギール」。

中世の街並みを残す石畳の路地を散策すると、
見えてくる様々な歴史的背景。

トロギール4.jpg

世界遺産の街「トロギール」で、
アドリア海の潮風に吹かれ、
その歴史の足跡を
たどってみませんか?


Siimo でした。



posted by siimo at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする