2014年09月30日

BMWのトレンド

BMWi8.jpg

こんにちは

siimo です。

今日は、車のトレンドということで

BMWi8を紹介します。


凄いの一言です。

値段も凄いです。

昔からBMWnoエンジンの音は好きだったのですが、

ハイブリッドになってからは、どうなんですかね。

レビューを紹介します。


・エンジン:1.5リットル3気筒ガソリンターボ + 電気モーター
(プラグイン・リチウム・イオン・バッテリーパック)

・駆動方式:4WD

・トランスミッション:6速AT + 前輪駆動用電気モーター用の二段変速

・ボディスタイル:2ドア(シザーズドア)クーペ

・乗車定員:4人

・ライバル:メルセデス‐ベンツSLS AMG、ポルシェ911、テスラ・モデルs

・複合経済:134.5mpg(2.1リットル/100km)

・最高速度:250km/h

・0-100km/h:4.4s

・最大出力:362ps(エンジン:231ps、モーター:131ps)

・最大トルク:570nm

ミッドシップのスーパーカースタイルですが、
2+2の4人乗りなんですよね。

ただ、後席へのアクセスも悪く、狭いため
荷物置きくらいのイメージかと。
(エンジンが近くにあるので、熱くなるとか…)

BMW_i8_-__087-thumbnail2.jpg


0-100km/h 4.4sは個人的には
ちょっと寂しい気もしますが、
1.5リッターターボとして考えれば、すごい性能です。
軽量ボディとモーターのお蔭かな?

ちなみに時速120km以下なら、最大35km、EV走行ができるそうです。

走行モードは御多分にもれず、
EcoPro、Comfort、Sportとあります。

EcoPro、Comfortは、極力モーターで走行し
効率を稼ぐようにセッティングされてます。


さて、Sportはというと、3気筒エンジンが
唸りをあげ、前輪を駆動する為のモーターとは別の
エンジンのクランクシャフトに置かれた
125Nmの電気モーターが、ターボラグを消し去るように
アシストしてくれるそうです。
(この電気モーターは、スターターとしても使われる)


Sportモードでは、従来のハイパワースポーツカーのような
パワフルな走りを味あわせてくれるそう。

BMW_i8_-__121-thumbnail2.jpg


ステアリングも、ずっしりと、クイックに反応してくれ
前後重量配分47:53の軽量ボディを、機敏に走らせてくれるようです。

ただし、低速では十分な路面インフォメーションも
速度が上がると希薄になり、
また、適度なペースではニュートラルだが、速度が上がると
アンダー傾向になるとか。

まぁこれだけの動力性能と、環境性能を
両立させた車は過去なかったわけですが、
まだまだこれから…といった感じでしょうか。

車としての伸びしろは、まだまだありそうなので
今後が楽しみです。

siimo でした。

ラベル:BMWi8
posted by siimo at 21:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。