2016年06月17日

手を取り合って立ち上がるネコと赤ちゃんがかわいすぎる。




Siimoです。

生後9ヶ月のジョシリンちゃんには、
とっても頼りになる大親友がいます。

それは猫のエディ!
3歳のメイン・クーンであるエディと
ジョシリンちゃんの間には、特別な絆があるのです。

ジョシリンちゃんが遊んでいるときは辛抱強く見守り、
必要なときは手助けをしてくれるエディ。

エディ1.jpg

ジョシリンちゃんが横になろうとすると、
さっと体を貸してくれます。

エディ2.jpg

一方のジョシリンちゃんも、エディのことが大好き!
四六時中エディの側から離れることがないほどです。

そしてエディは、ハイハイを教えてくれるだけでなく、
なんと立ち上がり方も教えてくれるのだとか。

その様子がコチラ!

エディ3.jpg

しっかりとお互いの手を握り合って立ち上がる2人。
同じくらいの身長で互いに支え合う姿が、
最高にカワイイです。


いつもいつまでも一緒だよ!

エディ4.jpg

以上、最後まで読んでくださり
感謝しております。
「ありがとうございました。」
Siimoでした。





posted by siimo at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

人気のトイプードル

こんにちは

siimo です。

今日は人気の犬種:
トイプードルのついて紹介したいと思います。

トイプードル.jpg

トイプードルの古い歴史

プードルの起源は諸説あり、
古くからヨーロッパ各地に存在したといわれていますが、
中世のフランスで人気化したことから、
原産国はフランスとなっています。

もともとは、水鳥の回収運搬などを得意とする犬が、
ドイツからフランスに渡ったとされており、
水遊びの好きな性格のトイプードルが多いゆえんです。

一方、トイプードルは英国でトリュフ探知犬として
活躍したという説もあります。
暗い山中でも高価なトリュフの在りかがわかるように、
ホワイトのトイプードルが求められたといわれます。

やがて16〜17世紀のフランスで、
プードルは貴婦人たちにこよなく愛されました。
華やかなショークリップに見られるように、
当時からプードルのファッション性は高かったようです。

その頃にはすでに、ミニチュアプードルや
トイプードルが作出されており、
17世紀頃の絵画には、
尾にポンポンのついたライオンカットの
小型プードルがよく登場します。

トイプードル2.jpg

おしゃれなトイプードル

イングリッシュ・サドル・クリップという
独特なカットが印象的なプードルですが、
現在は、テディベアカットをはじめ、
さまざまなペットカットが、
とくにトイプードルで好まれています。

カットスタイルの多様さは、
プードルならでは。
プードルは定期的なトリミングが必要な犬なので、
おのずとカットのバリエーションも増えたのです。

トイプードル3.jpg

マルチな性格のトイプードル

プードルの大きな特徴は抜け毛のないこと。
現代社会では、アレルギーの心配が
少ないという理由により、
トイプードルが幅広く受け入れられています。

社交的で朗らかなトイプードルの性格から、
福祉の世界で活躍するケースも少なくありません。
今の時代にかなった、
トイプードルの新たな活躍分野といえるでしょう。

作業犬であったスタンダードプードルの
自立心や思考性、訓練性や作業能力の
高さといった性格を、
トイプードルは小型であっても、
きちんと踏襲しています。

トイプードルの性格が、
愛玩犬からセラピー犬まで、
さまざまなニーズに応えられる理由はそこにあります。

siimo でした。


posted by siimo at 10:40| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。