2015年06月15日

これだけでいいの?!猫背をラクラク矯正する為の2つのコツ

背中美人.jpgイメージ
Siimoです。

今日は猫背です。

私もそうですが、中々意識してても
つい忘れるというか、背中が痛く
なるんですよね。

今まで、カイロプラクティックに
通っても、次の日は元通り。

高い治療費払って、痛い目にあっても
あまり効果はなかったですが、

コツで矯正できるなんて、
しかもラクラクて言ってるじゃないですか。

あなたも姿勢で悩んでいるのなら
是非試しませんか。



「もうギブアップ!!!」
がんばって姿勢を正していても、
1分ももたないどころか、
余計に疲れてしまうことってありませんか?


猫背だと、貧相に見えてしまったり、
お腹もお尻もたるんだりと、
体型も崩れやすくなりますよね。


そんなことは自覚できていても、
昔からのクセになっていると、
改善するのにとても大変な思いをします。


そんなあなたに、まず、
はじめに知ってほしいことが2つあります。


それは、

1.本当に正しい姿勢は何分たっても疲れないということ、

2.そして、猫背は自分で簡単に
ラクラク改善できるということです。


鍛えない、頑張らない、時間をかけないで、
ラクラク猫背を改善するための
2つのコツをご紹介します。


自分らしさを輝かせて、胸をはって生きていく。


自分が興味を持った人から好かれたり、
良い人間関係を築いていく。


猫背の矯正を通じて、
そんな楽しく充実した人生になりますように。



●どうして正しい姿勢をとると疲れるの?

猫背矯正1.jpg@
猫背矯正2.jpgA


突然ですが、この2つの写真、
どちらが姿勢がよく見えますか?


そうです。


2つとも猫背ではありませんし、
見た目もまったく同じです。

けれど、
この2つには大きく異なることがあるんです。


じつは、
@の姿勢はムリして頑張って姿勢を正しています。


それに比べ、
Aの姿勢はリラックスしていて、
とても気持ちがいいのです。


ちなみに、
こちらの姿勢は、
「猫背をラクラク矯正するための2つのコツ」
を意識して姿勢を正しています。

それぞれ見た目はまったく変わらないのに、
なぜ、「楽ではない姿勢」と
「楽な姿勢」に別れてしまうのでしょうか?


もしも、
今まで何をしても猫背を改善できなかったのなら、
あなたも無意識のうちに、「楽ではない姿勢」を
とって姿勢を正しているかもしれません。



●本当の「正しい姿勢」は疲れない

いま、立っている人も、座っている人も、
その場で「正しい姿勢」をとってみてください。

その時、
下記のような状態になってしまうことがありませんか?

・3分も持たずに猫背になってしまう

・猫背でいる方が楽に感じる

・息が苦しくなる

・体を動かしにくくなる

もしも1つでも当てはある場合は、
ムリに良い姿勢に見せている可能性があります。


反対に、
本当の「正しい姿勢」をとると、
下記のような状態になります。

・いつもより体の力が抜けて、
リラックスしているのが分かる

・いつもより呼吸がしやすい

・時間が経っても猫背に戻らない

いかがでしょうか?


もしもあなたが
「楽ではない姿勢」でムリヤリ姿勢を正しているのなら、
それはとてももったいないことです。

なぜなら、本当の正しい姿勢さえわかれば、
あなたは今すぐ猫背を改善する事ができるからです。


そこでさっそく、
本当の「正しい姿勢」が一瞬で分かる、
ある実験をしてみましょう。


◇実験!一瞬で正しい姿勢が分かるヒザ立ちをしてみよう

猫背矯正3.jpg


一瞬で正しい姿勢の感覚をつかむ方法とは、
「ヒザ立ち」のことです。

まずは、「正しい姿勢」の感覚を覚えるために、
実際に体感してみましょう。


写真のように、床にヒザをついて立ちます。

普段は猫背気味の人でも、
すっと背筋が伸びた感じがしませんか?

このように、ムリに頑張らなくても、
自然と姿勢を正すことができます。

これが正しい姿勢の感覚です



◇「骨で立つ」がわかると、姿勢を正すのが楽になる

頭の重さは体重の10%ほど。

体重が60キロある人は、
なんと6キロもの重さがあります。

6キロといえば、生まれたての赤ちゃん約2人分です。

そんな重たい頭を筋肉でグイーッと
ひっぱって支えていても、
体はヘトヘトになってしまいます。


それを助けてくれるのが、「骨」の役割です。


骨の上にバランスよく頭を乗せることができれば、
筋肉への負担も減りますよね。


「ヒザ立ち」をすることで、
足裏で立つよりも、
支える場所(ヒザ)と頭の位置が近くなり、
骨で支えるという感覚がつかみやすくなるのです。


立ったり、ひざ立ちを繰り返していくうちに、
どのバランスが一番自分にとって心地良いのかが
分かるようになっていきます。



●猫背をラクラク矯正するための2つのコツ

疲れる事なく、
365日美しい姿勢を維持するための
2つのコツをご紹介します。

コツ1:正しい姿勢をクセづける「猫背リセット体操」

コツ2:正しい姿勢をキープし続けるための「3つの腔」

コツさえつかんでしまえば、
猫背の改善がどれだけ簡単かを理解できるはずです。

ぜひ、毎日の生活に取り入れてみてください。


◇コツ1:正しい姿勢をクセづける「猫背リセット体操」

Step1:四つん這いになる

猫背矯正4.jpg


Step2:お腹をグッと上に引き上げて、背中を丸める

猫背矯正5.jpg


Step3:背中をガクンと下に落として、背中をそらせる(1分間キープ)
※肩甲骨の間も下に落とすイメージで


猫背矯正6.jpg



◇コツ2:正しい姿勢をキープし続ける「3つのクウ」

猫背矯正7.jpg


リラックスして姿勢を正すために意識したいのが、
「3つの腔(クウ)」です。

3つの腔とは、口腔・胸腔・腹腔のことです。

口腔=ここでは、鼻の中から、首までの空洞をイメージしてください

胸腔=肺のゾーンのことを言います

腹腔=胃や腸などの内臓があるゾーン


猫背の人や、背筋をはりすぎている人は、
上半身が曲がり、「3つの腔」が
ぺしゃんこにつぶれてしまっています。

呼吸が浅くなり、内臓の働きも悪くなり、
疲れやすくなります。


疲れない「正しい姿勢」をキープするには、
「3つの腔」にたくさん空気が入る事を
イメージしてみてください。


腔を「広げる」という意識をもつことがポイントです。


3つの腔をたてると、スタイルまで美しくなれる


腔を広げることで、
ペシャンコにつぶれていた体に
立体感が生まれ、体の横幅が狭くなり、
スリムに見えるようになります。


腹腔がつぶれて、はみ出ていたウエストのお肉も、
体の中に納まり、スタイルがよくなります。


なにより、
3つの腔を立てれば、自然と気持ちよく姿勢が整います。


3つの腔を立てると、良いことづくし。


気持ちよく、効率よく、猫背を改善してきましょう。


どうですか?
今日からでも出来そうですね。

以前紹介したヨガのような
ストレッチがここでも出てきましたね。

全身がつながっている証拠ですね。


最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。


追伸

永い間、Siimo'Trend を読んで下さり
本当にありがとうございました。

女性の美について
年齢関係なく、いつまでも美しくあるべき。
をコンセプトに、情報を提供してまいりました。

しかし、
今回を持ちまして、しばらくお休みを
いただくこととなりました。

近いうちに、装いも新たに復活します。

それは、皆さんにお約束いたします。

このブログを楽しみにしていただいた
方が、もしや見えるかもしれませんが

本当にありがとうございました。

Siimoでした。



posted by siimo at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

二の腕&美脚の作り方 その2

美脚美人20.jpgイメージ

Siimoです。

前回は二の腕と足裏マッサージで
今回は、足全体のマッサージです。

美脚については
色々紹介しました。

中には重複しているのも
あるかも知れません。

今回はマッサージです。

エステでしてもらうと
幾らですか。

自分で覚えて
毎日、マッサージをしてください。


それでは、
●美脚にはマッサージ&代謝アップが必須

足マッサージ1.jpg


むくみを放置すると太脚の原因に

ふくらはぎや太ももは心臓から
離れているために血流も
リンパの流れも滞りがち。


すると、
代謝が下がってむくみやすくなり、
余分な脂肪がつきやすい状態に。


さらに、
脂肪が蓄積されてセルライト化すると
落とすのがより大変になってしまうのです。


そこで、
毎日のマッサージでリンパの流れを
スムーズにすることが第一。


マッサージの効果を高めるために、
入浴や適度な運動で代謝アップを
サポートして、健康的な魅力を持った
“魅せる脚”に。



●「ほっそりとした脚線」になる6ステップ

Step1
ふくらはぎの老廃物を揉みほぐす


ふくらはぎの内側の肉を両手で小さくつまんで、
たたみ下ろすようにマッサージ。

ふくらはぎから脂肪を引き剥がすように行うと◎。

内側が終わったら外側の肉も同様に行って。

足マッサージ2.jpg

Step2
ふくらはぎ全体を流す


両手でふくらはぎをしっかりと包んで、
下から上に向かって強めにしごき上げる。

1で引き剥がした余分な脂肪を
すべて流すようにしっかりと押し上げて。

足マッサージ3.jpg


Step3
ひざ裏を押して流れをスムーズに


ひざの裏側か側面にあるリンパ節を
親指で強めにプッシュ。

リンパ節は人によって異なり、
押して痛い場所がリンパ節。

少しずつずらしながらリンパ節
周辺をまんべんなく押して。

足マッサージ4.jpg


Step4
太ももから余分な脂肪を引き剥がす


太ももの内側の肉をひざ上から
足の付け根に向かって、両手で
大きめにつまんでたたみ下ろす。

内側が終わったら外側、後ろ側、前側も
同様に行って、太もも全体をマッサージ。

足マッサージ5.jpg


Step5
太もも全体を付け根に向かって流す


両手で太ももを包んで、
親指に力を入れてひざ上から
脚の付け根に向かってしごき上げる。

側面や後ろ、前と
太もも全体をまんべんなくマッサージ。

気になる部分を特に念入りに行って。

足マッサージ6.jpg


Step6
仕上げに老廃物をゴミ箱へ


ショーツのラインに沿って、
付け根の外側から内側に押し進める。

仕上げに、内ももの付け根にある
リンパ節を丁寧に押して。

このリンパ節まで流すことで
老廃物が排出されやすい状態に。

足マッサージ7.jpg



どうですか?
覚えれば簡単でしょう。

仕事で疲れた足を
入浴後、

丁寧にマッサージしてあげてください。

その繰り返しが
誰もが振り向く美脚の第一歩なのです。


最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。






posted by siimo at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

二の腕&美脚の作り方 その1

二の腕美人.jpg
Siimoです。

いよいよネタ切れ状態です。
二の腕まできました。

美脚に関係ないやん。
と思っている
あなたに
美脚の作り方もプレゼント。

二の腕と美脚のマッサージです。

長いので、
今回は、二の腕と足裏まで
次回は、足全体とします。


それでは、
二の腕の作り方から

●「ほっそりとした二の腕」になる5ステップ

Step1
ひじの下の老廃物を流れやすく


ひじを軽く曲げ、
ひじ下の肉を小さくつまんで
外側へ折りたたむようにマッサージ。

ひじの内側よりもやや外側で、
押すと痛い部分は老廃物が
溜まっている箇所なので、
その部分を親指でプッシュ。

二の腕1.jpg



Step2
ひじから肩に向かって引き上げる


二の腕の外側を握るように手を当てて、
外側の4本の指に力を入れる。

余分な脂肪を持ち上げるように
強めにひじから肩にかけてマッサージ。

二の腕2.jpg


Step3
気になる二の腕の余分な脂肪をくずす


腕を曲げて肩の高さに上げ、
二の腕のたるみ部分を小さくつまんで揉みくずす。

さらに、たるみ部分の老廃物をワキの方に流して。

二の腕3.jpg


Step4
ワキのはみ肉もマッサージでケア


ワキ下に手を入れて、
腕の付け根の肉を大きくつかんで
たたみ下ろすようにマッサージ。

前側だけでなく、
後ろ側も同様にしっかり
マッサージしておくのがポイント。

二の腕4.jpg


Step5
腕の付け根のツボを数回プッシュ


腕の付け根の内側にあるくぼみ
(押してみて少し痛い場所)
に親指を当て数回プッシュ。

内側だけでなく背中側にあるくぼみも
中指か人差し指でしっかりと押して。

二の腕5.jpg



●「むくまない脚」になる足裏4ステップ

まずは基本から!
足裏のツボをチェック


付け根から指先に向かって、
指をしごくようにしてマッサージ。

指の側面や上下などマッサージする場所
を変えながら指全体にまんべんなく行って。

足裏1.jpg

a【腎臓】老廃物をろ過して排出。
むくみに即効性がある。

b【小腸】ダイエット中の少ない栄養素の
消化吸収を高める。

c【甲状腺】代謝を促進。ストレス解消に効果的。

d【すい臓】脂肪をエネルギーとして消費させる
大切なポイント。

e【膀胱】利尿を促し、むくみ解消に効果的。

f【大腸】不要物の排出を促し、
便秘、肌あれ、吹き出物を解消。

g【胃】消化吸収を高め、
老廃物の排出を促す効果が高い。

h【輸尿管】腎臓から膀胱へ尿を運ぶパイプライン。
むくみの効果的。

i【十二指腸】胃腸とともに刺激することで
消化吸収を高める。


Step1
むくみに効くツボをプッシュ


中指の延長線上で、
土踏まずの中央付近にある腎臓のツボを
親指で強く押す。

そこから輸尿管に沿って膀胱のツボまで、
親指の腹で斜めにしごくように
刺激するとむくみに効果的。

足裏2.jpg


Step2
甲状腺のマッサージで代謝アップ


親指と人差し指の間から、
親指下の骨に沿って弧を描くように
甲状腺のツボを強くプッシュ。

代謝を促進すると同時に、イライラする、
やる気が出ないといったストレスにも効果を発揮。

足裏3.jpg


Step3
足裏の中央部分を流して内蔵を刺激


腎臓のツボ周辺からかかとまでの
足裏中央を上から下に向かってマッサージ。

内臓系のツボがあるので消化不良に効果的。

ゴルフボールを床に置いてその上に足をのせて
ゴロゴロと転がしてもOK。

足裏4.jpg


Step4
婦人科系のツボはくるぶし周りに


くるぶしの周りを、
弧を描くように親指で下から上にしっかりと押し上げる。

くるぶしの周りには、
婦人科系の症状や冷え症など、
女性ならではの体の悩みに効果的なツボが集中。

足裏5.jpg



最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。

posted by siimo at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。